Martin Stegner マルティン シュテーグナー

父親を師に8歳からヴァイオリンの手ほどきを受ける。ドイツ・マンハイム音楽大学のローマン・ノーデル門下としてヴァイオリン科を卒業したあとヴィオラに転向、1992年からベルリンフィル・カラヤンアカデミーに在籍、1993年に同じくベルリンのドイツシンフォニーオーケストラのヴィオラ主席奏者となり、3年後にはベルリンフィルハーモニーに移籍した。

ソリストとして、また室内楽奏者として国内外で活動しており、ロベルト・シューマンの歌曲をヴィオラとピアノにアレンジした彼のCDはクラシック市場で高い評価を得ている。少年時代からジャズの愛好者で、これまでに数多くのフェスティヴァルで様々な編成のもとに出演し、Diane Reevesや Herbie Mannなどとも共演している。彼はまたベルリンフィルハーモニックジャズグループの創立者であり、Cyminologyのベルリンメンバーでもある。

Manfred Preis マンフレッド プライス

バスクラリネットなどという楽器を吹くはめになるとは夢にも思ったことはなかった。だがベルリンフィルでバスクラリネットの公募が出たとき、ミュンヒェン音大を卒業してからベルリンフィル・カラヤンアカデミーで研鑽を積み、すでにドイツシンフォニーオーケストラのクラリネット奏者となっていたマンフレッド プライスはバスクラリネットに移行する決意をし、オーディションに合格したのである。それ以来、彼はこの低音楽器をこよなく愛している。

彼はオーケストラだけでなく、トリオ・ベルリンやベルリンフィル管楽アンサンブルなどのメンバーとしても活躍している。またサクソフォン奏者としての評価も高く、彼のマルチタレントぶりが伺える。ニュルンベルク−アウグスブルク音楽大学と国内外のユースオーケストラで後進の指導にもあたっている。

Helmut Nieberle ヘルムート ニーベルレ

ヘルムート ニーベルレはドイツでもっとも熟練したメインストリーム ジャズギタリストのひとりであり、同時に珍しい7弦ギターの奏者でもある。ミュンヒェンのジャズスクールで基礎を学び、ボストンのバークリー音楽大学でさらに腕を磨いたが、現在の彼を築き上げたのは何よりも世界的に有名なギタリスト達とのワークショップであって、Barney Kessel, Eddie Marron, Herb Ellisなど名を挙げればきりがない。

ヘルムート ニーベルレの活動はソロやアンサンブルでの演奏から自ら率いるバンドやグループのための作曲、編曲、企画まで広域に亘っている。1991年にバイエルン州ジャズギター文化奨励賞を受けた。


Raphael Haeger ラファエル ヘーガー

4歳のときにはすでに「僕は打楽器をやる」と言っていたものの、ラファエル ヘーガーはあらゆる楽器をよろこんで学びとっていった。ドイツのトロッシンゲン音楽大学を卒業する段になってもまだピアノと打楽器のどちらを本職にするか迷っていたくらいだ。だがマンハイム国立劇場で10年間打楽器奏者として活躍したあと2005年にベルリンフィルにやはり打楽器奏者として迎え入れられたことがその道を決定したのである。とはいっても2002年にはピアニストとして自作ジャズ局集のCDを発売し、2つのジャズコンサートシリーズの芸術監督もつとめている。

Esko Laine エスコ ライネ

子供の頃から習っていたチェロをやめたときに、当時の音楽学校校長がコントラバスを勧めてくれなかったら今のエスコ ライネの活躍はない。13歳で郷土フィンランド ヒュヴィンカー音楽学校にてコントラバスを始めた彼は、18歳ですでにヘルシンキ国立オペラ座の席を獲得し、ソリストとしてフィンランド放送交響楽団とも協演していた。1982年からフランクフルト音楽大学、ジュネーヴ音楽大学、スイス グシュタードのメニューインアカデミーに留学し、1999年以来はベルリンフィルの主席コントラバス奏者をつとめている。エスコ ライネに捧げられた協奏曲や室内楽は多く、彼はそれらの初演を各地で行ってきた。

教育者としての評判も高く、各地のユースオーケストラの指導にあたる他2000年以来はベルリンフィル・カラヤンアカデミーで、また現在はベルリン音楽大学ハンスアイスラーで教授をつとめている。

Daniel „Topo“ Gioia ダニエル „トポ ジョイア

アルゼンチンのロザリオで生まれたダニエルトポ ジョイアは15歳の時独学でパーカッションを始めた。1973年スペインに渡欧、マドリッドとバルセロナを拠点にラテンアメリカ音楽のパーカッショニストとしてのヨーロッパでの活動を開始する。1988年にはドイツのラテンパーカッションコンクールのコンガ部門で最優秀賞を受けた。

これまでに録音されたCDやレコードは300枚を超え、ライブ活動の場は日本、アメリカ、ヨーロッパ全土にわたっている。フィンランドのポリ、チェコのプラハ、イタリアのリミニ、ドイツのドナウエッシンゲンやベルリンなど、頂点をなす重要なフェスティヴァルへの出演がキャリアを飾っている。ベーシストのHans Hartmannとは11年間コンビを組み、Lydie Auvrayとの共演も長く続いている。他にもHendrik Meukens, Ray Anderson, Giora Feidmanなど、共演者の名を挙げればきりがない。1999年以来ベルリン音楽大学ハンスアイスラーのパーカッション科で指導にあたっている。

ベルリン·フィルハーモニー管弦楽団のメンバーとボレロ、タンゴ、ジャズ
Bolero Berlin